看護師3年の臨床経験は転職で役に立つ?

看護師3年目転職TOP >> FAQ >> 看護師3年の臨床経験は転職で役に立つ?

看護師3年の臨床経験は転職で役に立つ?

臨床経験必須又は、経験者優遇という求人は多くあります。看護師3年目の臨床経験は、病院や一般企業にて十分活かすことが出来ます。

社員の健康管理を行う一般企業の産業看護師は、臨床経験が必要になります。そのような時、未経験より看護師3年目の方が転職では有利です。看護師は、人手不足なので病院だと未経験歓迎という求人も多いですが、産業看護師においては、それは当てはまりません。

臨床経験を活かしてCRCに転職する方法もあります。CRCとは、治験コーディネーターのことです。CRCになる為には、一般企業であるSMOに就職することになります。SMOに所属するCRCであれば、採血や点滴の交換といった医療行為は行いません。看護師の資格は活かしたいけど、医療行為はしたくない方には向いています。業務内容は、患者さんにインフォームド・コンセプトを行って、治験のスケジュール調整、患者さんの体調管理やサポート等です。CRCになる為には、臨床経験が必須条件です。CRCは、治験がスムーズに行えるよう、医療関係者や患者さんと情報交換を行う必要があります。その為、臨床経験で得た知識とコミュニケーション能力が必要とされます。

施設によっては、入職する際、経験に応じて給与を決定する事業所があります。基本給に加算されることになり、基本給が上がると賞与も増えます。基本給は、給与の基準となるのでこのような事業所を選択すると、年収面で有利になります。例えば、日本赤十字社の病院、赤十字血液センターは、このシステムを取り入れています。

即戦力を求めるクリニックでは、採血、注射が出来る看護師は重宝されます。スタッフが少ないので、新卒より歓迎されます。事業所側は、看護師3年目であれば、ある程度研修を受けて基礎的なことは習得出来ていると判断します。新卒のように教える必要は無いと考えるからです。新卒の場合より、転職先の選択肢は多くなります。

転職する場合、面接では退職理由を聞かれます。そのときは、前の病院の悪口は言わずに前向きな理由を答えましょう。人間関係の問題は、人が集まれば起こりますし、面接官に、「又、同じ理由で辞めるのではないか」と判断されます。又、志望動機も前向きな理由を答えましょう。その事業所の長所を答えて、自分が目指す看護を伝えられると採用率が上がります。

看護師には、転職先がたくさんあります。今の勤務先に納得出来ない場合、転職活動を行いましょう。特に労力を使う必要は、ありません。看護師求人サイトであれば、登録し希望条件を伝えるだけでコンサルタントが探して、紹介してくれます。

3年目の看護師向け求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015 看護師<※3年目>転職ナビ All Rights Reserved.