看護師3年目のフォロー体制は?

看護師3年目転職TOP >> FAQ >> 看護師の3年目のフォロー体制は?

看護師3年目のフォロー体制は?

クリニカルラダー制度のある病院では、卒後3年目の看護師はプリセプターとしての役割があります。プリセプターは、プリセプティに教育する役割です。卒後3年目の看護師であるプリセプターの周りには、先輩看護師がいます。プリセプターが指導者としてプロセプティに教育出来ているか見守っているのが先輩看護師です。

プリセプターも、数年前は、先輩看護師に指導されていた看護師です。3年目でも指導されることは有りますが、段々と成長し同じ看護師として信頼もされ、新人扱いされず基本は出来て当たり前となります。しかし、指導者としては新人ですから、プリセプターである卒後3年目の看護師をサポートするのが先輩看護師の役割です。卒後3年目の看護師の元プリセプターや看護師長だけではなく、病棟全員で支えていきます。そして、特にプリセプターを支える役割のある看護師がエルダーと言います。新人看護師も病棟スタッフで支えていくのですが、プリセプターに教育を任せるのは、プリセプティだけではなくプリセプターへの教育にもなるからです。プリセプターがプリセプティに指導、教育を行う上で自分も学ぶことが多いことに気付くのです。

しかし、役割が増えることでストレスになるプリセプターもいると考えられます。このようなシステムがある一方で、退職する3年目の看護師は存在しています。そのような看護師は、クリニカルラダーのない施設に転職すると良いでしょう。保育園や健康管理センター、クリニック等です。保育園には、看護師の数が少ないので、看護のエキスパートとしての役割があります。

看護師3年目は、新人看護師ではないですが、転職先では、その病院のシステムを最初から学ぶ必要は、あります。その時、先輩看護師は、基礎的なことは出来ると考え、看護師未経験のように一から教える必要は無いと判断しますから、しっかり復習しましょう。ブランクが合ったり、前の病院とは手法が違う場合は、先輩看護師に伝えて、練習しましょう。自分がどこまでスキルがあるのか確認して先輩看護師と認識のミスマッチが無いようにしましょう。

看護師3年目でもフォロー体制がしっかりしているところが良いという人は、研修制度のある病院を選びましょう。クリニカルラダーのある病院は、いずれ自分も指導者の立場で後輩に指導することになるので、それを踏まえて選びましょう。

看護師求人サイトに登録すると、コンサルタントが病院の教育制度やフォロー体制の有無について教えてくれます。病院の指導者の性格や離職率等の内部事情が分かるので、一人で転職活動を行うよりお勧めです。

3年目の看護師向け求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015 看護師<※3年目>転職ナビ All Rights Reserved.