看護師の3年目の辞めたい場合は?

看護師3年目転職TOP >> FAQ >> 看護師の3年目の辞めたい場合は?

看護師の3年目の辞めたい場合は?

まず、どのような理由で退職したいのか整理しましょう。現在の職場で解決出来る場合もあります。又、同じ理由で転職を繰り返さないように、問題点を挙げて解決しましょう。

退職理由が人間関係が問題の場合、まず看護師長やリーダーに相談しましょう。大きい病院だと、異動すれば解決することもあります。病院側もせっかく教育した看護師を手放したくないのはないので、解決に協力してくれます。又、人間関係の問題は、どこでも有るものなので転職して解決するのか、よく考えましょう。

仕事内容が合わない場合は、具体的にどのような施設で働きたいのか検討を立てると良いでしょう。夜勤の無い病院、クリニック、介護施設、病院以外の事業所等、勤務先はたくさんあります。クリニックの場合は、自分で診療科を選ぶことが出来ます。病棟のように異動したく無い方や希望の診療科が決まっている方には、お勧めです。

給与が見合わないことが理由の場合は、給与の高い施設を探しましょう。卒後3年目の場合は、付属病院や学校が勧めた病院に入職している場合が多く、そのような場合は、給与面より、教育体制や知名度、採用率、規模等を重視しています。規模が大きくても毎月の諸手当の支給が無かったり、業務が多くて給与と見合わない場合もあります。病院によっては、残業してもサービス残業として時間外手当が支給されないところもあります。夜勤手当は、病院によって額が違います。基本給のほかに、賞与の支給額、住宅手当や扶養手当、時間外手当、交通費等、毎月の手当によって、年収に数百万円の差が出てくるので、今度は求人の福利厚生・給与欄を重視して考えましょう。

まず退職したい場合、働きながら転職活動を行うのか、すぐに辞めるのか決めましょう。 基本的に正規雇用の場合は、その病院の就業規則に添って退職届を提出する必要があります。基本的には、30日前ですが病院の場合は、看護師長に提出しましょう。すぐに辞める必要がある場合は別ですが、そうでは無い場合、就業中に転職活動を行うことをお勧めします。転職活動と言っても、看護師求人サイトに登録するだけですが、パソコンやスマホから短時間で登録することが出来ます。

職業紹介を行う公的機関もありますが、利用時間が決まっています。又、人が多い場合は、順番を待つ必要が出てきます。看護師求人サイトに登録すると在職中でも担当コンサルタントが希望にあった施設を紹介してくれます。メールでの御紹介も可能なので、時間を気にすることなく転職活動が出来ます。

3年目の看護師向け求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015 看護師<※3年目>転職ナビ All Rights Reserved.