看護師3年目の転職理由は?

看護師3年目転職TOP >> FAQ >> 看護師の3年目の転職理由は?

看護師3年目の転職理由は?

退職する看護師の数だけ退職理由はありますが、中でも多い理由を記載します。

夜勤があって仕事内容がハードなことです。3交代の場合、日勤業務の人がその夜の深夜勤業務を行います。つまり、17時退勤の場合、次の日の0時までには、病院に出勤して午前9時過ぎまで勤務しないといけません。夜勤は、看護師の数が少ないので夜勤が難しい人は、辞めてしまいます。

看護師や患者さんとの人間関係が原因の場合があります。患者さんの中には、病気になることで気難しくなり、わがままになる人もいます。看護師は、笑顔でいることを求められるので、それが苦手な人は辞めてしまいます。そのようなことが原因の場合、患者さんの重症度が高くない外来のみのクリニックや、保育園等に転職すると対象とする人は、変わってきます。ただ、人間関係が原因の場合は、人が集まると起こることなので、ある程度は対処出来るようになった方が、選択肢は増えます。

次に給与が見合わないことです。看護師の給与は、諸手当によって大きく変わります。夜勤回数を増やせば手当が付いて給与は増えます。しかし、夜勤が苦手な看護師には負担になります。給与は、増やしたいけど夜勤はしたくない場合、基本給や諸手当の多い事業所への転職を考えることになります。初任給で諸手当を除いた基本給が30万円を超える病院は、実際ありますし、住宅手当、地域手当等、諸手当だけで月10万円以上支給する施設もあります。

クリニカルラダー研修でプリセプターとなり、指導者としての役割が出来ないことです。プリセプターになることも研修の一環なのですが、自分が看護師として自信があるのか続ける気があるか、試されるようなものです。人に指導する場合、看護師として自信がないと説得力がありません。人に指導する前に、自分は向いてないと考えた人は、辞めてしまいます。そのような人は、看護師長に相談して、自分に合う仕事を考えてみましょう。

最後に奨学金を返納する義務がなくなった場合です。看護学生は、順調に資格が取得できるように、各自治体や病院で奨学金を貸与している制度があります。これには条件があり、3年間同じ病院で継続勤務出来れば、返還不要となります。新人時代は、奨学金の為に退職出来なかった場合、3年目を迎えると退職を考える機会となります。

看護師は続けたいけど、しばらくは、指導者ではなく自分の仕事だけに取り組みたい場合クリニカルラダー制度の無い病院や、クリニック、介護施設、保育園と選択肢はたくさんあります。退職理由を整理して、自分が希望する仕事内容と条件の事業所を選択しましょう。

3年目の看護師向け求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015 看護師<※3年目>転職ナビ All Rights Reserved.